チェロケースの買い替え、紆余曲折

まーーったく、楽器に縁がない方に、

「え。ケースに10万円以上?楽器込みじゃなくて、ケースだけ?ケースだけで10万円以上するの?」

と矢継ぎ早に、確認されたことありますか。

わたしはあります。

まあ当然ピンキリですけども、ケースも高価なのは、「チェロあるある」のひとつかもしれません。

さいしょの旧チェロケース

わたしは25年ほど前(!)にチェロを購入したのですが、まだ22~23歳で財産もなく、オマケでつけてもらったような、ケースを使っていました。

ケース+1本ストラップで、5.5Kgくらい。頑丈だけど、やっぱり重い。

つい最近、こういうダブルストラップを購入しまして。

つけかえてわかったのは。最初のチェロケースは、ストラップや本体の留め具や金具も重いんだよね。 ケースの材質だけではなくて、いちいち重いんだな。

シングルストラップの運び方(余談)

余談ですが。

わたしは多分、最初が恵まれていて、詳しくは

このあたりをご覧いただければ、と思いますが。

最初のころは、FCLAのチェロメンバーさんたちに、よくしていただいていて、譜面台の開き方も教えていただいたし、お手製のエンドピンストッパーもいただいたりしました。そして、チェロケースの担ぎ方・運び方みたいのも教わりました。

最初からダブルストラップで背負っている方や、ネットで楽器やケースを購入した方などは、シングルストラップでどう運ぶか、あまり知らないのではないかな。

シングルストラップは、構え方次第で小回り効くし、後ろに気を遣わなくていいし、上げ下ろしもラクだし、改札とか電車とかで便利。なにより、あの「背負うと、ちょっと前かがみ」←これがなくなるので、腰弱い人はシングルストラップをオススメしたい。知らんけど…。

そういうわたしは今、ダブルストラップで使ってますけど。(笑)

興味あれば、お会いした時にレクチャーします。(笑)

……余談でした。

チェロケースを買い替える時の問題点 

そもそも、今はチェロケースも安くなってるイメージです。10年前よりも、同じレベルで3~5万円くらい安い気がする。(個人的な実感として言っているので、データとかはありませんけども。)

なので、金額の問題よりも、もうひとつの問題点が浮上。それが

古いチェロケースをどうするかです。

このあたりの情報、そもそもアマチュアでケース買い替える人がいないので、長年「サイアク粗大ごみ」と思いつつも、リサーチしていました。

わたくしの長年に渡るリサーチ(!?)では。

  • 楽器屋さんでケースを購入するとき、引き取ってくれると聞いたことある。(ホントかどうかは定かでない。)
  • 「メルカリ」「ヤフオク」とかだと、どうやって送るのかわからないし、梱包とか送料とか考えると、めんどくさいし、なにより相手にも申し訳ない。
  • あとは一度「ジモティー」で、「〇〇線沿線の駅付近などで、直接会って見てもらって、気に入ったらお譲りする」的なやりとりを見たことがある。
  • わたし個人では、さんにんめの先生が「自宅で保管するチェロのためにケースを引き取ってもいい。横浜まで持ってくるなら」とおっしゃってくれた。

こんな感じ。最後のは、結局購入せず、教室をやめ、機会を失いました。

そんな折。

「大人チェロ会」で「引き取ってもよい」とおっしゃる方が!!

もう、これを逃す手はない!と、急きょ購入したよね。ケース。

新チェロケースご紹介(笑)

正直「中国製」というところが、長年ひっかかっていた。個人輸入とか、東洋楽器製とかも考えた。でも、もうこの軽さで、この価格帯で言ったら、ほぼほぼ中国製なのであきらめました。

あとは色ね、本来は「担当がオレンジ」ということもあって、オレンジを検討していたのですが、いいオレンジがないのよね、世の中に。

で、結局、こちらを購入。はい、かわいー。

色は「ピンクゴールド」型は「Carbon Mac CFC-2S」

最後は、白と迷ったのですが、白だと「CFC-3」になって10万円超える。iPhoneもローズゴールドだし、「わたし歳取ってから、ピンク好きになったなー、歳なのかなー」とかいいつつ、ピンクゴールドにしました。ハイ。

ほんと、チェロケースひとつでよく語ることあるなと、自分でも感じますが、もうひとつ余談。

先日チェロの演奏会を聴きに行ったとき。ほら、なぜか演者じゃない観客なのにチェロケース持ってくる人いるじゃない? そういう人がいた。(実は後から「東京チェロアンサンブル」のメンバーだったことがわかるんですが。)

チェロケースがおされ。紺と白のツートンになっていたりして…。

でね、その後、大人チェロ会メンバーとお茶している時、聞いたのが

ご夫婦でチェロやっている方が、二人で二色のチェロケース買って、フタを交換するんだって。そうすると、ツートンになるんだって。

て、話し。

えーーいいなーー。楽しそーー。(やっかみ)

さ、それで、こんな感じで届くワケ。

サイズ感をお伝えしたいのに、わかりにくい。

ちょっと、わが家は周りが写せないものばかりなので、対象物がアレですが、左はドア、右が箱。デカイです。背丈よりは低いのですが、デカイです。廊下の幅2/5を占めていて、家族からブーイングが出るくらいデカイです。しかも箱を開けると、今度は白い不織布の巾着袋。(ケースだけでよいのに)

晴れて、軽いチェロケースがわが家に!という話し。

ちなみに、チェロケースが入っていた白い巾着袋のサイズ感としては、「白だから隠すことはできないけど、死体を見なかったことにするのにちょうどいい大きさだな」と思いました。おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です